blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 背中のこりこりを押すと手にシビレが・・・ | main | Tsuchikoカイロプラクティック オフィス >>
ぎっくり腰の痛み
今ぎっくり腰に悩む患者さんを診てますがかなりつらそうです。ぎっくり腰の発症には人それぞれの発生がありまして、寝返りでグキッ、軽いものを持
ち上げグキッ(重いものとはかぎらない)、前にあるティッシュを取るときグキッ、クシャミしてグキッとまあ色々ですがどれも瞬発的に腰の筋肉が伸ばされ切れるのです。

 正常な腰の状態なら筋肉も切れはしませんが、腰骨である腰椎が上下で動かなくなってしまうと、またいでいる筋肉は動きを失い不意の動作で切れてしまうのです。

 やってしまった時の対処法は、始めにグキィと切れたらその体勢をあまり変えずその場で少しの間我慢すること。ゆっくりと横になり上向きならヒザを立て、ヒザの下にクッションを置き力を抜きます。もしくは身体を丸め横になっても良いです。腰にはアイスノンや氷を入れた袋で冷却します。

 冷却の仕方は、10分間当てて10分間はずすを3回繰り返し、1時間おきにしつこく行います。この方法で3日間は続けて、やっと炎症反応を抑えることが出来ます。

 その後は反射で筋肉が緊張状態になりますので筋肉を緩める操作や関節の動きをつけるようにすると再発が防止できます。この辺はカイロプラクティック治療で出来ます。
| golfersclinic | カイロプラクティック | 20:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
これでいいのかな
| ま | 2006/01/13 3:33 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/358774
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ