blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 説明をより分かりやすく | main | 来年2008年は1月4日(金)午前10時より電話受付になります。 >>
ギックリ腰の対処方法
 「ギックリ腰になったらどうしたら良いのか」の質問にお答えします。

 ギックリ腰とは腰の筋肉が切れてしまった状態のことを言います。

 そのため痛みだけではなく、動くことも困難になります。

 そこで、日本の医療や代替医療では安静にして、重いものを持ち上げる時は慎重に、腰を落して足で持ち上げて下さい、ストレッチして下さいなどの説明が多いのです。

 しかし、世界の腰痛研究では「安静にする」「持ち上げる時の指導」「ストレッチ」がもっとも改善を遅らせると言う研究発表が賞を取り、常識となっています。

 もっともギックリ腰に効果がある行動は「いつもの日常生活をする」でした。

 腰が痛いから会社を休むなどはもってのほかなのです。

 腰痛に対して弱気を見せず、強気になっていただきたいのです。

 もちろん、痛みのため動くことが出来ないのであれば無理は出来ませんが、できる範囲で日常生活を送るとが重要なのです。

 心にとどめてもらいたいことは「ギックリ腰は切り傷やさかむけと同じ」と言うことです。

 筋肉が多少切れても2週間もたてば、ほおっておいても治ります。

 そこに過剰な意識を集中しないことです。

 何もしなくても必ず治ってしまうことを覚えておいて下さい。

 しかし、3日後にゴルフをしたいからすぐに治して欲しい方は、来院下さい。

 2日後、3日後にゴルフが出来るようになった患者さんは結構いますので。

 それが「ゴルファーズクリニック」です。

 今回、ギックリ腰のみご説明しました。しかし、慢性の腰痛や何度もギックリ腰を繰り返してしまう方は、もっと奥深くに原因があります。その原因は感情と関連性があります。

 ご質問ありがとうございました。更に詳しく知りたい場合はお電話下さい。

       Tsuchikoカイロプラクティック オフィス
            03-3350-9133
| golfersclinic | 質問 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/721178
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

bolg index このページの先頭へ