blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 木曜の良い言葉 | main | 金環日食良く見えました。 >>
バックスイングで右股関節痛―ここ痛めるゴルファー多い
 右股関節を痛める38歳男性ゴルファー。

    

まさに上の絵のような場面で痛めたと訴えています。

ちょっと深いラフで、距離のあるミドルホール、ユーティリティだったらラフでも抜けると思いトライしたそうです。

分かりますね。

:今はフェアウェイウッドより簡単に打てるユーティリティというクラブがあるのです。

しかし、トップで右股関節に激痛が走り、チョロってしまいました。

男性はここ1年、右へのスウェー防止を徹底していて、今回のショットが我慢の限界だったようです。

初回は、お風呂に入っても痛くて、すぐお風呂から出たそうです。

その後すぐに来られたので、炎症反応が強かったためアイシングしました。

そして2日後に来て頂き、アクティベータ治療を行うと痛みは8割方減りました。

しかし、男性の意識には、「絶対、右下肢を動かさない」というものでした。

これでは、確実に再発します。

そこで、こんな質問をしました。

「そんなに右にスウェーしちゃダメなんですか?」と聞くと、

「絶対にスウェーしてはダメです」と答えていました。

「ということは、右足を動かさないことが大事なんですか?」

「そうです。」

「それとも、上半身を回転させることが大事なんですか?」

「回れば良いです」

ということで、上半身を回転する意識に切り替えてもらいました。(PCRT治療)

治療から2週間たち、コースも3ラウンドしたそうですが、右股関節痛の再発は無いようです。

治った後にこう言いました。

「プロゴルファーはそんなに右股関節止めてませんよ」

「ウソー」と言っていました。

<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 
| golfersclinic | ゴルフと治療 | 09:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
ゴルフスイングで右股関節を傷めました。
住所は愛知県刈谷市(名古屋の岡崎より)ですが、この近辺で
先生とお弟子さんのような方はいらっしゃいませんでしょうか?
| 渡部薫夫 | 2018/11/02 5:41 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/983954
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ