blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 木曜の良い言葉 | main | 認知の歪みの定義―第八回 >>
しびれを患って3年
 左足のしびれ

3年前にギックリ腰をして、ほっておいたら左足の外側にしびれが出てきたと訴える49歳の男性が来院されました。

ギックリ腰は数日で痛みがひき、2週間もしたら忘れるくらいだったそうですが、左足の外側にジワーとしたしびれが、徐々に気になりだしました。

始めに整形外科でレントゲン撮影して、腰部の神経の圧迫も多少見られるといわれ、神経の血流を良くする薬を処方されました。

さらに2週間しても変化がないので、神経外科に受診しました。

そこでMRI撮影して、やはり腰部の脊柱管狭窄症だと診断され、坐骨神経痛であるといわれたそうです。

治療は腰の牽引だったそうですが、腰は全く痛くないのに、牽引するのはおかしいと思ったと言うことと、しびれに全く変化がなかったので、止めたそうです。

この話を聞いただけで、治らないことが分かります。

坐骨神経は足の外側に行っていません。

それだけで坐骨神経痛ではないのです。

言うなら大腿神経です。

それは良いとして。

男性のしびれは、正座のようなしびれなのです。

正座のようなしびれは、血液循環障害なんです。

また、しびれを感知する神経はありません。

腰部で神経圧迫したら、このようなしびれ方はしません。下肢の麻痺になるでしょう。

それがない男性は、治る可能性大です。

実は、アクティベータ治療を6回行って、左足のしびれは消失しました。

この治療の中に、左足外側の筋膜を緩める治療を初回から行いました。

緩める治療をしたことによって、血液循環が良くなったため、しびれがなくなったようです。

何でも神経圧迫で片付けたり、画像診断に頼りすぎては、大切なものを見逃してしまうのではないでしょうか。

<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 
| golfersclinic | 感動治療 | 11:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
土子先生、先日はお世話になりました。
とても良い研究会でした、楽しかったです。

患者さんは治そうと思って、お金と時間を使ってプロにお願いしにきているのに、的外れなことをしてはいけませんね。

患者さんに迷惑をかけないよう精進します。
| yamada | 2012/06/15 5:09 PM |
yamada先生

いつも書き込みありがとうございます。

本当にそうですね。責任ある仕事ですね。

yamada先生の言葉、肝に銘じて治療します。
| 土子 | 2012/06/16 8:46 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/983969
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ