blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< ストレートネックによる緊張性頭痛はウソ!! | main | 精神科医も条件反射による症状を認めている >>
フォローで左肩甲骨付近の痛み
 フォロースルー

       

2ヶ月前からゴルフのフォローで、左の肩甲骨付近が痛くなりました。

と訴える42歳のゴルファーが来院しました。

この2ヶ月間、色々な治療をしたが全く治らなかったそうです。

実はこの話、今年の1月のことです。

この症状は、ゴルフを始めたばかりのプレーヤーに多く見られる症状で、肋骨の可動制限がひき起こす問題なのです。

フォローで肋骨が上手く動かず、負荷がかかると痛くなるのです。

男性の場合、アクティベータ治療1回で、改善したため、次の来院は5ヶ月空き、今月メンテナンスに来られました。

治しすぎるのも、問題かもしれないと反省しておりますが・・・、簡単な症状はすぐに改善させたいものです。

ゴルフを始めたばかりのプレーヤーは、スイング軸が様々です。

プロもベテランプレーヤーも様々ですが、始めたばかりだと、肋骨が対応しきれないのです。

ですから、この色分けした軌道全てにおいて、動きの制限をとっていきます。

業界用語でアイソレーションテストと言うのですが、肋骨にわざと負荷をかけて、制限を見つけ出し、治療する方法です。

このアイソレーションテストを、様々な軌道全てで行い、治療します。

この時は、フォロースイングしながら治療しました。

すると、2ヶ月間どこへ行っても治らなかった肩甲骨付近の痛みが、1回の治療で改善となるのです。

痛みが取れても、メンテナンスしながらゴルフされるのも良いのですよ〜。

<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 

>
| golfersclinic | アクティベータ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/983975
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ