blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 腰痛 ゴルフ 【新宿1丁目ゴルファーズクリニック】 | main | ゴルフ 手首痛 >>
ゴルフ 腰痛 【新宿御苑前駅徒歩2分 ゴルファーズクリニック】
 ゴルフで腰痛

    

ゴルフで腰痛になり、専門医でレントゲン撮影により、もうゴルフを止めた方がいいと言われた、57歳男性が来院されました。

腰痛になる前男性は、最近の自分のゴルフを振り返り、50ヤード以内を上達させれば、70台が出せると思い、特訓をしていたそうです。

その特訓とは、今年の夏は、3日間の合宿練習を軽井沢で行い、アメリカのアリゾナのコースにも数日間ゴルフ合宿に行ったそうです。

アリゾナでは、コース内で50ヤードのショットをひたすらやったそうです。

その頃から、プレー後、腰に違和感が出てきました。

それから日本でプレーすると、すぐに腰痛になってしまったそうです。

今では、アドレスするだけで、腰が痛い状態になりました。

分かりますね。

50ヤードって難しいですし、非常に重要な要素なんです。

そして、男性の腰痛も良く分かります。

57歳になれば、レントゲン撮影して、骨が変形していたり、神経の出口が狭くなっていたりしても、ビックリすることないのです。

年相応にそうなります。

このような男性でも、ゴルファーズクリニックのアンバランス治療を行うと、3回の治療後、治療院内でアドレスしても腰痛は出なくなりました。

さらにコースでも試してもらいました。

すると、疲れてくるとアドレス時に出ていたので、さらに治療を行いました。

今での50ヤードのアプローチを行っても、腰痛は出なくなりました。

トータル6回の治療を、プレーしながら行いました。

ゴルフを止めるのは簡単です。

プレーしながら、強化していくことの方が、魅力的だと思います。

それがゴルファーズクリニックです。気になる方は、↓のリンクを押して下さい。

<ゴルファーズクリニックリンク>


<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 
| golfersclinic | ゴルフと治療 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/983998
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ