blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< ゴルフ 腰痛 【新宿御苑前駅徒歩2分 ゴルファーズクリニック】 | main | 木曜の良い言葉 >>
ゴルフ 手首痛
 深いラフで手首痛める

36歳男性ゴルファーは、先日行ったコースで左手首を痛めて来院されました。

そのコースは、トーナメントコースのように、ラフが伸びていて、場所によってはブッシュになっていたそうです。

男性もゴルフを知っていて、入れたくないから慎重にフェアウェイを狙っていたそうです。

ところが、残り160ヤードの深いラフにすっぽりと入ってしまい、通常だったらPWくらいで出すだけなのに、その日は7Iでフルショットしたそうです。

男性はグリップをしっかり握り、トップから力強くボールに叩きこみました。

すると、ヘッドはラフから抜けず、左手首には激痛が走ったそうです。

分かりますね。

思い切ってヘッドを入れて、抜けないと、手首は折れ曲がってしまいます。

下手したら骨折まである状況です。

そんな男性は2日して、ゴルファーズクリニックに来られました。

男性の左手首は少し腫れていました。

炎症反応です。

炎症があるということは、組織の損傷があると言う事です。

まずは、アイシングで腫れを引かせました。

これだけ腫れるのですから、激痛だったでしょうね。

数回にわたり治療しましたが、左手首だけではなく、左肘、左肩にも負担がかかっていました。

結局、5回の治療で、左手首の痛みは消失しましたが、富んだ災難だったようです。

この時期、ブッシュのように草が絡んでいるところは、危険ですので、出すだけをお薦めします。

しかし、痛めてしまったら、ゴルファーズクリニックにご相談下さい。
↓のホームページをクリックして下さい。

<ゴルファーズクリニックリンク>


<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 
| golfersclinic | ゴルフと治療 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/983999
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ