blog index

Tsuchikoカイロプラクティック オフィス   ゴルファーズクリニック

整体と違う本物のカイロ カイロプラクティックをお伝えします。腰痛・肩こり・シビレ・体のゆがみ・骨盤矯正・O脚・五十肩・四十肩などでお悩みの方ご相談下さい。
ゴルファーのためのゴルファーズ クリニックも好評です。
<< 昨日はニューロ・パターン・セラピー(心身条件反射療法)研究会参加でした | main | 10月の予定表―10月20日(土)は使用でお休みです >>
心を緩めるなら、まず、カラダから
 非常に勉強になった症例でした。

めまい症状で来られている50歳の女性です。

継続治療をだいぶしている患者さんです。

カラダに対してアクティベータ治療も行いますが、ニューロ・パターン・セラピー(心身条件反射療法)をメインに、脳の誤作動を治療していました。

誤作動のメインとしては、ご自身のやりたくないという、否定的な感情が関わっていました。

その中でも、旦那さんの転勤で、発展途上国に行かなくてはならないストレスが、非常に大きな問題でした。

切り替えとして、そういう自分がいるとか、その中に楽しみを見出すとか、色々ためしましたが、行きたいとは思えない問題でした。

しかし、切り替えでカラダになじんだようで、めまい自体は、だいぶ良くなっていました。

そこで、第二の主訴であるカラダの緊張状態に対して、「緩める神経に対するハード面の治療」を行ってみました。

持続振動調節法(ニューロ・パターン・セラピー(心身条件反射療法))です。
(治療内容は省きます)

この治療法で、下肢から緩めていくと、患者さんは身を持って、緩む自分を感じていました。

両下肢、骨盤、腰、背中、肩関節、首と全身を緩めてみました。

すると患者さんからこんな言葉が出てきました。

「心の中から緩んだようです」

「こんなに緩むなら、発展途上国に行っても良いかも知れないと思いえる」

と言っていました。

それまで切り替えで、行きたくないを、違った角度からみたりしていましたが、行きたいとはならなかった思考です。

それが、カラダを緩めたら、勝手に心が切り替わっているのです。

人間の心とカラダの不思議さと、治癒力のすごさを知りました。

勉強になった症例でした。

<ゴルファーズクリニックリンク>


<動画>
Tsuchikoカイロプラクティック オフィス&ゴルファーズクリニックの動画は↓です。
   
オフィスの紹介  駅からオフィス  ゴルファーズクリニック

<ゴルファーズクリニック監修:機能性アンダーウェア記事へ>


 

読まれた方は、下のタグをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へにほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村               にほんブログ 
| golfersclinic | 心と身体の密接な関係 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.golfersclinic.com/trackback/984008
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ